コーティング・断熱塗料のご案内TOP >> ガラス用断熱・遮熱コーティング剤「ダイナグラス」

ガラスフィルムより低コスト!
ガラス用遮熱コーティング剤「ダイナグラス」

低コスト! 省エネルギー! 簡単DIY!

「ダイナグラス」とは?

「ダイナグラス」は、アンチモンドープ酸化スズ(ATO)を配合したガラス用赤外線遮熱コーティング剤です。窓ガラスからの日射熱や冬場の冷気の侵入を防ぐ断熱・遮熱効果があります。また、施工方法も簡単で、業者に依頼せずにお客様自身で塗装していただけます。

ガラス用遮熱コーティング剤「ダイナグラス」のここがスゴイ!

ガラスフィルムより低コスト!

従来の窓ガラスの遮熱方法であるガラスフィルムは30m2以下だと1m2あたり15,000円ほどが相場です。一方、ガラス用遮熱コーティング剤「ダイナグラス」は、1m2辺り約2,000円でガラスを遮熱塗装することができます。オフィスなどの窓ガラスの遮熱をお考えなら「ダイナグラス」が断然お得です!
高い遮熱塗料で省エネルギー!

「ダイナグラス」は、盛夏の時期でも紫外線を約99%カット、太陽光の近赤外線を約80%カットできます。窓ガラスからの日射熱や冬場の冷気の侵入を防ぎます。室温が外気温に左右されていないため、暖房・冷房効率がアップ。室内空間の省エネ・節電対策に効果的です。
施工性アップ!簡単にDIYできる

施工性アップ!簡単にDIYできる

ガラスフィルムは正確に窓に貼るのが難しく、業者に依頼しなければなりませんでした。「ダイナグラス」は、窓に塗布するだけなのでだれでも簡単に施工できるのが特徴です。きちんと手順通りに行っていただければ、「ダイナグラス」は1液のみで済むため失敗はありません。業者に頼まずに済む分、コストも抑えられます。

施工方法

オフィスなどの窓ガラスはもちろん、自動車のパノラマルーフや宝飾店のショーケースなど、幅広くお使いいただけます。施工は手順に沿って進めていただければ問題ありません。どなたでも難なく施工していただけます。施工方法の詳細は下記の動画をご覧ください。

施工方法

施工時の注意事項
  • 塗装環境・・・通気の悪い環境での使用は避けてください。
  • 前処理(1)・・・ガラス表面には微細な塵埃や油膜が付着している場合が多いので先ずは市販のガラスコンパウンドで磨き上げて親水面を確保して下さい。寒冷期は結露の無い環境下で施工して下さい。
    雨天時には屋内であっても環境湿度70%以上になりますのでダイナグラス施工は行わないでください。
    たとえガラス表面に水分がなくても空気中の水分と反応して塗膜を曇らせることがあるからです。
  • 前処理(2)・・・ガラス表面にシリコンやフッ素系の特殊ガラス塗料が事前施工されている場合は専用剥離剤PREXリムーバーやガラス研磨剤を用いて親水面を形成したのちに(1)の作業を行って下さい。
  • 前処理(3)・・・液剤をトレイに流し込む前に液瓶を良く振って攪拌して下さい
  • 塗装・・・塗装は速やかに行ってください。長時間放置すると目詰まり、塗りムラの原因となります。
  • 乾燥・・・乾燥時に有機ガスが発生しますので換気・排気は十分に行ってください。
  • 取扱注意・・・可燃性の有機溶剤を使用しているため火気のある所では使用しないでください。皮膚や粘膜、特に眼などに刺激性があるため接触しないよう十分に注意し、接触した場合は多量の水で洗浄してください。

商品一覧

ダイナグラスは『ダイナグラスPRO』と『ダイナグラスECO』の2種類のラインナップを取りそろえております。

ダイナグラスPRO
  • 広範囲な業務用途に適しています。
  • 線入りガラス、車窓や凹凸ガラスにも塗布が可能です。
  • 塗膜硬度は9H、密着耐久性能は15年以上と破格の高性能。
ダイナグラスECO
  • 赤外線遮蔽率を極限まで引き上げ、夏涼はしく冬暖かい断熱強化型のエココーティング剤
  • ダイナグラスPROに比べると紫外線遮蔽率が低いです。
  • 臭気が強い為、臭いに配慮の必要がある環境下での使用はおすすめできません。

機能性

商品名 赤外線(IR)
透過率
紫外線(UV)
透過率
可視光線(VL)
透過率
鉛筆硬度 耐久性
(室内側)
ダイナグラス 塗膜なし 85% 85% 92% - -
PRO 約35% 1%未満 85% 9H 15年以上
ECO 約10% 約20% 85% 3H 10年以上
  • 透過率は光学透過率測定器 DST2500で実測した平均値です。
  • テスト条件は屋内環境下で、3ミリ厚の透明普通ガラスに片面1回塗りです。
  • 遮蔽率は空中透過率100%からそれぞれの透過率を差し引いた数値になります。

光透過率を一発測定!
光学透過率測定器「DST2500」

光透過率を一発測定!光学透過率測定器「DST2500」

光学透過率測定器「DST2500」はガラスや合成樹脂フィルム、遮光塗料等の透明物質の赤外線や紫外線・可視光線の光透過率性能を簡単に測定することができます。

対応用途

商品名 透明普通ガラス
(くもりガラス)
ブロックガラス
デザインガラス
編線入りガラス 車窓
ダイナグラス PRO
ECO ×
  • くもりガラス:光沢面側に塗布してください。
  • 車窓:表面が半乾きの状態(指触乾燥)ではワイパーやパワーウインドウを動かさないで下さい。
    完全乾燥には約3~4日かかります。
  • 車窓:一般の方は車窓には利用しないでください。
    曲線のあるガラスはムラができやすいため塗装に従事している方にお任せ下さい。
    乗車時に前方がゆがんで見えるようになり、大変危険です

価格表

商品名 容量
(g)
塗り面積
2μ/1コート時
(m2)
希望小売価格
(税込)
通販特別価格
DynaGlass PRO 50
DynaGlass PRO
2.8 ¥12,960 詳細はこちら
90
DynaGlass PRO
5 ¥22,680 詳細はこちら
225
DynaGlass PRO
12.5~15 ¥50,760 詳細はこちら
900
DynaGlass PRO
50~60 価格はお問い合わせください。
DynaGlass ECO 225
DynaGlass ECO
10~12.5 ¥39,960 詳細はこちら
900
DynaGlass ECO
40~50 価格はお問い合わせください。
専用ごて -
専用ごて
- ¥2,160 詳細はこちら

※表は左右にスクロールして確認することができます。

※価格及び納期は予告なく変更することがあります。

商品購入はこちらから

※当社オフィシャルサイトにリンクします。

「ヒートカットパウダー」100mlをもれなく無料プレゼント! 資料請求・お問い合わせはこちら

  • 有限会社東亜システムクリエイト
  • プライバシーポリシー

    運営会社情報

各種クレジットがご利用いただけます。